平成20年度 南ゼミ履修希望者への研究室案内


よくある質問
Q.統計学は苦手/嫌いなのですが、やっていけるでしょうか?
A.心理学を学ぶにあたって、統計学的知識はかなり重要なものだと思います。ただし、それは数式やパソコンの専用ソフトをつかってバリバリ統計学的検定をするためではなく、人間の行動の複雑さを理解するうえで統計学の考え方が役に立つからという理由です。人間の行動はとても複雑で、いろんな要因が関係して行動が規定されます。単に「Aならば必ずB」というように単純な因果関係はまずありません。そうした複雑でなかなかつかめない行動や現象をときほぐしてなんらかの関係性を見つけ出すのが心理学です。そうした関係性をとらえようとするときに、統計学の考え方はとても役に立ちます。
 ですが、そうしたことは実際にゼミに入って議論に加わるうちにわかってきます。統計学を勉強するのはそれからでもいいと思いますし、話を聞いていればなんとなくわかってくると思います。統計学的検定はさらに実際にデータをとってみて意味がわかってきます。そのときに勉強すればいいのではないでしょうか。案外なんとかなるもんですよというのが答えです。
 統計がよくわかんなくてもやっていけるかどうかは、先輩方を見(ry…

Q.ゼミではどんなことをしますか?
A.南ゼミは教員の意見があまり通りませんので、毎年のゼミ生の個性によって変わってくるかもしれませんので、今していることということで。4回生はどこでも同じだと思いますが、卒業論文の指導が中心になると思います。現在の3回生は、4回生と同じように研究をしてもらっています。ただし、グループで。グループでやれば手分けして進めることができますので、1人でやるよりは手早く進めることができます。また、メンバーといろんな意見をかわすので、テーマの理解にもプラスになると思います。グループ研究を通じて、卒業論文に必要な研究に関するさまざまなスキルを3回生のうちに獲得できれば、実際に卒業論文を書くときにはテキパキと進めることができる(ようになるかも)。
 来年度3回生のプランとしては、自分たちでテーマや先行研究をみつけて、それを深める研究をグループでしてもらうというものを考えています。ただし、このプランで進めるかどうかは学生側の要望を聴いた上で決定します。また、ゼミの人数によっても影響されると思います。

Q.教員希望なのですが
A.ゼミの内容そのものが教員養成を前提としているということではありませんので、卒業してすぐに教員になるという学生はこれまでほとんどいません。ですが、人間発達コースの学生が多い割にはけっこう教員になっています。ざっくりとした計算ではおよそ3人に1人が教育関連で働いています(大学、予備校等含む)。ゼミが役に立っているかどうかは不明です。きっと皆私の背中を見…

Q.毎月飲み会があったりしますか?
A.現在は、毎月やっているわけではありませんが、2ヶ月に1度くらい宴会をしてもいいかなと考えています。みのみ(飲み)ゼミと言われたこともあります。

質問について
質問は下のフォームを使って送ってください。近日中にネット上でお答えします。
もちろん、直接質問に来てもかまいません。遠慮なくどうぞ。

質問フォーム
質問がある方は以下に記入の上、「送る」ボタンをクリックしてください(うまく動かないときもあるかもしれませんが、何回か試みてくださいね)。
e-mailアドレス欄に携帯アドレスを書く場合、着信拒否設定を解除しておいて下さい。

名前:
学籍番号:
e-mail:

質問:

 送信内容のコピーを希望する場合はチェックしてください。


    もどる
南宛のメール